企業経営の経験あり「武道家人事労務コンサル」+年金手続き3,000件超の「年金コンサル」の社会保険労務士事務所です。

30日 6月 2018
障害年金の更新手続き『障害状態確認届』を提出する年でも、毎年6月に届く『年金振込通知書』には、更新に関係なく、1年分が通常通り振り込まれるような表示になっているんですよね。これ、戸惑います。
31日 5月 2018
年金機構で審査刷る人の目線で添付に必要な書類を考え、作っています。
30日 4月 2018
「役所で相談したら、障害年金は2級だと言われましたが、1級を目指しているので依頼したい」。 このようにお話しになる方がときどきいます。しかし、その方の障がいがもともと2級程度なら、専門家の社労士が関わっても重くて2級の結果になります。実際よりも重い等級にするのが社労士の仕事ではありません。...
31日 3月 2018
一昨日(3月29日)、かねてより取材を受けていた中日新聞の障害年金の記事が掲載されました。  『診断書、障害年金を左右 症状伝えるすべ必要』
28日 2月 2018
平成27年(2015年)6月の障害年金の『認定基準』の改正により、失語症の方も障害年金が認められやすくなっていますが、お医者様がこの改正をご存知ないことがあります。
04日 2月 2018
拙著『世界一やさしい障害年金の本』が、お蔭様で大きな書店で平積みしていただいております。置いてある場所は実務書(マネー、年金)や社会福祉・看護などのコーナーです。
30日 12月 2017
障害年金の等級が2級→3級に下がったお客様。担当のお医者様は「もし3級になっても少しは年金が出るでしょ。会社勤めの期間があるんだから」と話していました。が、お客様には年金が止まる連絡が届いたのでした。
30日 11月 2017
障害年金は病状重視!お医者様のなかにも勘違いしている方がいますが、障害者手帳を持っていなくても対象になることがあります。病気やケガの状態で日常生活に支障がある、仕事をするのに支障があることがお医者様によって証明できれば、保険料の納付など他の条件を満たしていれば、障害年金の対象になることがあるのです。
31日 10月 2017
平成29年8月、「脳脊髄液減少症」の方が障害年金を請求しやすい運用上の変更がありました。厚労省で出している事例集の診断書の様式が「肢体の診断書」のみでしたが、新たに「その他の障害用」が追加されました。PDF事例ダウンロード可
30日 9月 2017
わかりやすい障害年金の本、執筆中です。

さらに表示する