企業経営の経験あり「武道家人事労務コンサル」+年金手続き3,000件超の「年金コンサル」の社会保険労務士事務所です。

「障害年金生活者支援給付金」のハガキ、出しました?

 9月より、『年金生活者支援給付金』の要件を満たす方には、若草色の封筒が届いています。これが届いていて、まだ提出していない方。まだ間に合います、急いでポストへ出してください!ソンなく受け取れるのは12月末までです!!

 

 封筒には返信用のハガキが入っており、これに名前など記入し、投函すると、この10月から施行されている給付金 ひと月あたり5,000円程度が振り込まれるようになります。

 

 初回12月13日の振込みに間に合うのは、ハガキが10月末までに年金機構に届いていた場合。10月と11月の2ヵ月分が振り込まれます。

 

 なお、10月末を過ぎても、今年12月末までに年金機構に届けば、振込みは遅れますが、施行開始の10月分から受け取ることができます。

 

 今月、このハガキを「提出していない」と話す、『障害基礎年金』を受けている方に、何人か会いました。出さなかった理由を伺うと、制度を誤って理解している方ばかり。

・週2日アルバイトをし、多少なりとも収入(月数万円)があるため

・無職無収入だが、会社員の親と同居していて世帯収入は中か上のため

・ハガキを失くしたが、またお知らせがくるだろうからその時に出そうと思っていたため

 

 『障害基礎年金』を受けている方の給付金1ヵ月あたりの額は、1級 6,250円 2級 5,000円 です。

 この場合、所得審査はご本人のみで行います。前年所得が「462万1,000円+扶養親族の数×38万円※」以下であれば、対象になります。所得には、障害年金の額など非課税収入は含みません。

 ※同一生計の配偶者のうち70歳以上の人、老人扶養親族の場合・・・48万円

  16歳以上19歳未満の扶養親族の場合・・・63万円

 

 ハガキを失くして出していない方に、提出を促す再度のお知らせは届きません。自分で提出用紙を入手する必要があります。用紙は、年金事務所や年金相談センターにあり、相談窓口で提出もできます。

(ネットからは入手できないようです。見本だけ年金機構HPにありました。ご参考に。https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/sonota-kyufu/shienkyufukin/20190805.files/08.pdf )

 

 

対象者に9月に送付されている若草色の封筒
対象者に9月に送付されている若草色の封筒

 

メールでのお問い合わせ

 アクセス&営業時間

 

 ★「お客様の声」のページはこちら

 ★「障害年金相談」のページはこちら

 ★「うつ病・そううつ病の方へ」のページはこちら

 ★「障害年金手続きの流れ」のページはこちら 

 ★障害年金の基本をマンガでやさしく解説→『世界一やさしい障害年金の本』