企業経営の経験あり「武道家人事労務コンサル」+年金手続き3,000件超の「年金コンサル」の社会保険労務士事務所です。

H29年度の年金額は0.1%減額

横浜 社会保険労務士 障害年金 フルサポート
H29年度の年金額は6/15(木)振込み分から  

 新年度に入りました。

 年金が新年度の額になるのは、6月15日(木)の支給分からです。

 

 今年度の年金額は、昨年度に比べ0.1%減額となります。()は月額です。

 

・老齢基礎年金・満額 779,300円(64,941円)

・加給年金      224,300円  (18,691円)

・  〃子3人目以降  74,800円    (6,233円) 

 

・障害基礎年金 1級    974,125円 (81,177円)

・  〃      2級  779,300円(64,941円)

・子の加算        224,300円  (18,691円) 

・  〃 3人目以降  74,800円  (6,233円)

 

・障害厚生年金

 3級最低保障額    584,500円  (48,708円)

・配偶者の加給年金  224,300円  (18,691円) 

 

 

また、在職老齢年金の計算基準になる額も改定されます。

60歳台前半(60歳~64歳)の「支給停止調整変更額」と、60歳台後半(65歳~69歳)と70歳以降の「支給停止調整額」は、46万円(H28年度は47万円)になります。

 

【改定の理由】

年金額の改定の基準になる賃金変動率も物価変動率も、どちらもマイナスでした。

 ・賃金変動率 ▲1.1%

 ・物価変動率 ▲0.1%

今回のように物価より賃金のマイナス変動が大きい場合は、物価変動率を基に改定されます。

 

なお、このような場合は、マクロ経済スライド(給付を抑制するしくみ。保険料を負担する現役世代の減少率や、受給世代の平均余命の伸びを勘案した率で、H29年度は▲0.5%)は実施されません。

 

メールでのお問い合わせ

  アクセス&営業時間

 

 ★「お客様の声」のページはこちら

 ★「障害年金相談」のページはこちら

 ★「うつ病・そううつ病の方へ」のページはこちら

 ★「障害年金手続きの流れ」のページはこちら