企業経営の経験あり「武道家人事労務コンサル」+年金手続き3,000件超の「年金コンサル」の社会保険労務士事務所です。

お医者様にわかっていただきたいこと

 昨日、東京と横浜では桜の開花が発表されました。待ち望んだ春が来ました。

 

 今日、お客様の診断書の受けとりのため、診察に同席しました。

 そこでお医者様とお話ししていて、あらためて感じたことがあります。

 

 医師と社労士では、目指すものが違うので、主張が矛盾するのは当然なのです。

どちらも、お客様のために真剣に働いています。

 が、医師は、障害年金に頼らず社会復帰することを目指します。一方、私たち社労士は、現時点での、ご病気による支障について手続きをします。

 

 未来の快復を期待する医師と、今を見て働く社労士。

 

 障害年金は生活保障です。

 今現在、お客様が生活していくことを考えると、社労士の立場も分かっていただきたいと思うのは、叶わない願いでしょうか。