企業経営の経験あり「武道家人事労務コンサル」+年金手続き3,000件超の「年金コンサル」の社会保険労務士事務所です。

9月の振り返り~審査請求にも至らず「処分取り消し」~

10月も第1週が過ぎます。毎度遅ればせながら9月の振り返りを。

 

先週の出来事です。

 

障害年金の不支給決定について不服申し立て(「審査請求」)をしていたところ、処分についての「取り消し」が出ました。

つまり、支給されることになりました!

 

このかた、2つのご病気について障害年金の請求をしていました。1つについては支給、もう1つについては不支給でした。

 

提出した書類の写しを穴が開くほど見ても、なぜ不支給なのか、理由がさっぱりわかりません。

 

材料がなく反論できないため、審査請求書にも「書類の添付は特にありません」と記入するしかありませんでした。

そして今回の取り消しの通知が届きました。

 

通知が届くまでの流れはこうです。

① 不服申し立てをする機関(厚生局)から、年金機構に不支給の理由を尋ねます。

   ↓

② 年金機構で、再度このかたの決定に不備がなかったか、確認作業が行われます。

   ↓

③ 結果、不支給が取り消され支給されることになりました。

 

今回の取り消しにより、過去分の年金額が一時金として振り込まれます。それも、少ないとは言えない額が。

審査請求をしなければ、受けとれなかった金額です。

 

ほんの数日前の出来事。

どういう理由で取り消されたのでしょう。

今後のためにも追究してみます。