企業経営の経験あり「武道家人事労務コンサル」+年金手続き3,000件超の「年金コンサル」の社会保険労務士事務所です。

不服申立て(審査請求・再審査請求)

 

  社会保険(健康保険・厚生年金保険)や労働保険(労災保険・雇用保険)で行政が決定した事項に不服があるとき申し立てる制度です。


不服申し立てできる内容と申し立てできる期間(処分があったことを知った日の翌日から3ヵ月以内など)は決まっています。

 

この期間が過ぎると申し立てはできず、裁判もできなくなります。「審査請求前置主義」というルールのためです。

 

不服申し立ては、行政に楯突く行為とは考えません。なぜなら、申し立てることで法律の運用上の矛盾が明らかになり、法律の解釈が変わることがあるからです。より住みよい社会作りに貢献する行為だと考えます。


申し立ての期間は決まっています。

 ご相談はお早めに実績のある当事務所へ。

〈社会保険の不服申立ての流れ〉(厚生労働省HPより)

【 処分日が 平成28年4月1日以降 

★クリックすると拡大します
★クリックすると拡大します

【 処分日が 平成28年3月31日まで 】

★クリックすると拡大します
★クリックすると拡大します

※ 参与は、被保険者、事業主、受給権者等の利益を代表して、口頭又は書面による意見を述べることができる者として、厚生労働大臣が指名している。(社会保険審査官及び社会保険審査会法第30条)